読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬのはアトピーが治ってからでもいいんじゃない?

これは実話ではなく、創作です。

祝 目標達成

おかげ様で、ブログを30日間書いてみるという目標を、無事に達成することができました。

はじめてブログを書いたので、ブログと呼べるかどうかも怪しいのですが、それでも、とにかく書くという事ができてよかった。

 

どうしてブログを書こうと思ったのかというと、はっきり言って自分でもよく分からないのですが…、私ってよく断食とかするじゃないですか?、それで断食中って、「もう何も食べなくても生きていけるわー」って時と、ひたすら食べ物の事ばっかり考えちゃう時とがあるんですね。

だから食べる時には、欲張りかもしれないけど、やっぱり、簡単で、美味しく、栄養のあるものが食べたいんですね。

それでですね、色んなレシピを検索しまくっている時にですね、とある方のレシピを拝見いたしまして、その方のレシピが悉く面白かったんですよね。(面識もございませんので、お名前は出せません)

この方は、レシピ以外にも色々と記事を書いておられまして、その中の一つで「TED」という動画の紹介もされてました。

普段はこういうのは、あまり見ないタイプなのですが、何故か見ちゃったんですよね。

何種類か紹介されてたんですけど、それが全部面白かった。

その一つに、マット・カッツさんという方の3分ほどの短い動画があってですね、その内容が「30日間チャレンジ」についてでした。

そして、それがとっても印象的というか、胸に残ったんですよね。

だから、たぶんこれがきっかけでしょうね。動画を見ていなければ、やってないと思います。

 

そして、そのレシピの方が、はてなブログでやっていたので、そのまま自分もはてなブログで始めてみることにしました。「はてな」という名前もいいなと思ったし。

 

なにぶん、ネットサーフィンをするぐらいの知識しかないので、ブログをはじめてみるというのは、自分の中ではけっこう大きいことでした。

 

そして、初日の設定でつまずくっていうね…。

 

私は、馬鹿だけど馬鹿なりに、はてなブログが使いやすいという事も、分かりやすいという事も、初めてですけどなんとなく分かった。(すごく優しい気がした。他を知らないので説得力はないですけど)

それでも自分で判断できないところは検索したら、必ず誰かが使い方を説明してくれている記事があって、とっても助かった。これもすごいですよね。

 

今まで自分がサラッと見ていた、誰かのブログは、こんなに沢山で色んな設定(設定は果てしない気がします)を経て、表示されている?ものなんだって分かって、みんなすごい!ヤバイ!って思った。

ブログやってる人もすごいし、サイトさんもすごいし、その他大勢の人もすごいんだろうし、なんと言うのが正確なのか分からないけど、ネットの中の世界って私には構築部分?が全然見えないし、理解できていないのですが、少しだけ、本当に少しだけですけど、ちょっとだけ見えた気がして、本当にすごいって感じました。

 

そしてすごい分かりやすいにもかかわらず、慣れないことをしたせいか頭が痛くなってクラクラしてきたので、一日目は設定だけで終わった。

こんなので、本当にブログを始めることが自分にできるのかなって、かなり不安になった。

だから、このブログは予定より一日遅れでスタートしました。

そして、一日目のブログが一番、緊張しました。なんか怖かった…。

本当に本当に緊張した。それでも書いたんだから、偉いね、一日目の私。

そしてこんな私を一日目まで連れてきてくれた、はてなブログもすごいよ。

 

ブログの内容は色々と迷いましたが、やっぱり私はアトピーが治って良かったので、どうせなら良いことを伝えたいと思って、アトピーについて取り上げることにしました。(途中、脱線も多いけど)

毎回内容などを決めていた訳ではないので、「30日の出口がまったく見えない」と思いながらも、なんとか達成できて本当に嬉しい。

 

緊張したのは最初の3、4日だけで、意外とすぐ慣れるもんなんだなとか思ったりもしたけど、逆にすごく疲れてて(慣れてないから)、もうあまり考られなかったのかも。

 

7日目ぐらいから、だれるっていうか、文章の見直しが明らかにゆるくなったりして、はじめたばっかりなのにヤバイって思った。(わりとある事なのかもしれないって、他の人の記事を見て気づいたり…。)

 

あと、わりと最初の時期に二人の方が読者になってくれたのは、すごくびっくりした!

 

ブログを始めたというのに変な話なのですが、書くのに必死すぎて、読者になってくれる人というものをまったく想定できていませんでした。

 

普通、誰かに読んでもらいたいという気持ちがあってブログを始めるんだろうし、もちろん自分もアトピーの人に読んでもらいたいという気持ちはある。

だけど馬鹿だから、とにかくまずは、30日間続けるんだって、30日間書くんだって、それしか考えてなかったし、考えられなかったんですよね。

 

逆に、設定やその他の事で、気になるところがどんどん増えてきたんだけど、それを気にしてしまうと、書くことが続けられない気がした。

そうなると本末転倒なので、他のことは一切気にしないことにしようと決めました。

 

だから、本当にびっくりしたし、嬉しかった。

 

で、当然、お二人がどんな人なのかって気になるじゃない?だから、お二人のブログを覗きに行ってね、またビックリした。

 

二人ともアトピーとは全然関係なかったから。(笑)

 

でも、そこが良かったのかなと、今、改めて思います。

アトピーの方が早い段階で読者になってくれていたとしたら、変なプレッシャーを感じて書けなくなっていそうな気がしたり…、しなかったり…。

 

そして幸いなことに、お二人のブログは面白かった。

 

面白かったので、私は読者になった。

 

これも不思議な気分だった。ブログを書くきっかけをくれた方は、しばらく記事を更新されていませんでしたので、私は、自分が誰かの読者になるというのも想像できていなかったんですよね。

 

自分もブログを書く、そして他の人もブログを書いているというリアルタイムなこの感じも、すごく不思議だった。

 

私は初心者だし、もしかしたら全然違うのかもしれないし、こんなことを言うのはおこがましいのですが、ブログを書くこと特有の悩み?というか、なんというか、うまく言えないんだけど、「明日何書こうかな」とか、「今日はちょっとだるい」とか、その他言葉にできないetc達について、自分がそういうのを思ったりするように、他の人もそんなことを思いながらも、記事を更新したり、しなかったりしてるんじゃないかって、勝手に思える時が、ちょいちょいあって、それがけっこう励みになった。

 

こういう感覚って、実際に自分がブログを書くということをしなければ、分からない感覚だろうなって思った。

自分が書くことで、読者としての楽しみもまた違ったものになるんだと分かって面白かった。

 

今までは、ただの読み物だったものが(もちろん作者や著者がいるのは分かってるんだけど)、作り手の息遣いというのでしょうか、この表現が適切か分かりませんけど、そういう物を以前より感じられるようになったような気がします。

これって、そういうものなんでしょうかね…。ただの勘違いかも。

 

そこへいくと、私のブログはずいぶんと息苦しいものだったと思う。書いてる本人だって息苦しいんだもの。

それなのに、読者でいてくれて、ありがとう。

 

30日間続ける事が目標だったので、もし仮に、お二人の方が読者になってくれていなかったとしても、私は続けていて、目標を達成できたと思う。

 

それでも、二人の読者がいてくれたことによって、この30日間がずいぶんと華やかで面白いものになったと思う。(春の桜のように、ブログにも読者がいるのはいいものですね)

本当にありがとうございます。

お二人の人生に、春の桜のような、夏のかき氷のような、秋の実りのような、冬のこたつのような、素敵な彩りが沢山ありますように…。

 

そして私のような者にでも、ブログを書ける機会と場所を与えてくださった、

はてなさん、本当にありがとうございます。

初日にスターをもらえた事が、(使い方も意味もよく分かっていなかったけど)地味にすごく嬉しかったりしました。

 

今後このブログの更新内容も更新予定も、今の段階では一切未定です。

 

でも、ブログをやってみて本当によかった!

30日間チャレンジをしてみてよかった。

本当に面白い30日間でした。

 

そして最後に、ぼくのでぃあれすと、ハッピー女王様へ

 

いつも一緒にいてくれてありがとう!