読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

死ぬのはアトピーが治ってからでもいいんじゃない?

これは実話ではなく、創作です。

弱り目に祟り目

悪いことが続いたりすると、それが普通になっちゃって、人生ってそういうもんなんだなぁって…、悟るわけじゃないけど、受け入れちゃうのね。

受け入れるしかないというか。

人生をよくよく思い返してみたら、確かに色々ありすぎて、ちょっと不可解な事が重なってる時期ってあったりする。

それが厄年だったり、大殺界だったり、人によって解釈は変わるんだけどね。

 

アトピーだけでもしんどいのに、その他の病気や怪我が重なっちゃったりすると、アトピーも悪化したりして、しんどい時があるじゃない?

そういう時って、藁にもすがりたいって思っちゃうじゃない?

アトピービジネスは腐るほどあって、多かれ少なかれ試したことのある人は多いはず。

あと宗教の勧誘も多いかもね。

 

冷静に考えたらありえないんだけど、そこはほら、なんていうか、逆に今までにありえない方法だからこそ効果があるんじゃないかと思えちゃったり、その方法が過激であればあるほど効果があるんじゃないかって、高ければ高いほど効果があるんじゃないかって思ってしまうのは、きっとアトピーの人だけじゃないはず。

 

それで当時、藁にもすがりたかった私は、新しい病院を見つけるんですね。

その病院は、アトピーの治療を専門にやっているという訳ではなくて、治らない病気を持っている人達が、藁にもすがる思いで、試してみたい治療法(一般的に知られてない、認められてない系)が色々試すことのできる病院だった。(看板は内科、小児科、皮膚科、etcだったかな)

あと、漢方薬も処方してくれた。漢方は保険がきいたけど、保険のきかない治療も多かったかな。

ビタミン系の注射とか、その他の注射とか(忘れちゃった)、色々試したんだけど、私は効果を感じられませんでした。

腸内洗浄も何回か試してみたけど、やっぱり効果は感じられなかったかなぁ。(痛そうで怖かったけど、痛みは全然なかったです)

漢方も効いた!という、実感はなかったですね。

 

それでですね、今ってたいていの病院が調剤薬局で薬をもらうシステムじゃないですか。

漢方系の調剤薬局ってあんまりないので、指定の調剤薬局に行くのですが。

そこに、何回か通ううちにですね、セラピーを勧められたことがあるんですね。

怪しいか怪しくないかで言ったら怪しいんだけど、その病院もその薬局もそれなりに繁盛していたのでね、どんなものかなって申し込みしちゃったんだよね。(たしか1500円ぐらいだったかな)

月一回くらいでやってるみたいで、様々な病気に悩んでる人が集まって、心の不安を解消したり…みたいな、よく覚えてないないけど、ポジティブ系の説明文だったと思う。しかも、場所はヒーリング系?のサロンだった。

 

その日は、私を含めて新しい人は3人、常連さんが5~6人、講師とお手伝いさんで3人ぐらいだったと思う。

私は藁をもつかむ思いではあるけども、正直怪しいと思ってるし、こういう系?は初めてなので、何をするんだろう?っていう疑問の方が大きかった気がする。

 

それでまぁ、自律神経を整える呼吸の仕方から始まって、心を楽にする体の動かし方とかを、みんなでやるんですね。

それで、常連の人が自分の体験談を話してくれたり、このセラピーに通って良くなった人の話を講師の人が話してくれたりするんですね。

泣くのはいいことなので(心を解放する)、ここをこうすると上手に泣けますっていう方法を教えてもらって(覚えてないんだよね)、みんなで泣きましょう!ってやるんだけど、一人、二人と泣き始めて、左右見ても泣いてるし、みんな泣いてるんだよね。

で、私は泣けないっていう…。

真面目な私は、何度もその方法を試してみたんだけど、泣けませんでした。(悔しいので家でも試してみたけど、だめでした。)

講師の人曰く、初めての方は泣けない人もいる、と。私以外の新しい人、二人は泣いてました。

それで、そこに至るまでにもちょいちょい感じていたんですが、進めば進むほど違和感が大きくなってくるんですね。

みなさん、和やかでいい人達なんですよ。どこにでもいる普通の感じ。ある意味、うまく普通を集めたらこんなメンバーになるんだろうなって感じです。

それで、結論を言ってしまうとですね、私は半分くらいはサクラだろうなって最初から予測はしてたんですけど、全員サクラ、つまり全員グルなんだなって思えた瞬間が多々ありまして(説明するのが難しいのですが)、確信してからは終わるまでがちょっと怖かったです。だって、全員グルなんだもん!(勝手な憶測です)

ちゃんと帰れるかなって…。一人の為にここまで手の込んだことをしてるのが怖いし。

 

勿論、無事に終わって、しつこい勧誘とかもなく、無事に帰れましたけど。

その後、その病院もその薬局にも行くのはやめました。

これは本当に勝手な憶測でしかないんですが、これって多分、何かの宗教に繋がっているのでは?って思いました。

そのヒーリングサロンも、定期的に名前と看板だけは変わってるのもなんだかね…。

 

まぁ、こういうので良くなる人もいるかもしれないし、それはそれでいいんですけどね。

ただ、これって病院側も知っててやってるのかな?とかの疑問はつきないです。

怪しい?病院でしたけど、患者さんの方は、わりと切羽詰ってるというか、切実に困ってるように見える人が多かったので、弱り目に祟り目っていうのかな…。

みんな期待してないけど、本当は少し期待してるんですよね。

こういうのって、なんかもうため息もでないし、悲しくもないし、なんていうか。

無…。を感じます。

心を無くさないと、って脳が勝手に判断してくれて無になるのかもしれませんね。

 

 

余談になるけど、有名な神社で、5人中4人がおみくじで凶を引いたり、有名なお寺(厄除け)でも、6人中4人が凶を引いた時は、流石に入れすぎだろ!って笑えました。神社やお寺も不景気なのか、商魂逞しいのかわからないけど。

でも、一人で来た人が凶を引いたら、お守りとか買いたくなるかもしれないよね。

それからは、おみくじを引くのはやめました。(笑)