死ぬのはアトピーが治ってからでもいいんじゃない?

これは実話ではなく、創作です。

小さい頃からみてた悪夢3

続きです。

 

高校を卒業してからは、金縛りからは解放されたんですが、悪夢は時々見ました。

年に数回ですが。

 

すごく久しぶりに見るのに、あの悪魔だって、分かるんですよね。

あの悪魔がいまだに存在していたことにもびっくりですし、小さい頃に見た悪夢を一緒に思い出したので、こんなに昔の夢でも続き?を見るのかぁ…、夢って謎。

この頃はまだ、そんなに続けて悪夢を見ていないので、なんか不思議…という感覚でした。

当時は気付かなかったのですが、悪魔は回を重ねるごとに、だんだん近づいて来てるんですよね。なんか、凝ってますよね。

小さい頃には、遠くからお互いに眺めてるような距離だったのに、大人になったら、すれ違ったり、あいさつを交わしたりするようになってるんですね。

共通しているのは、最初は気付かないってことです。

人間のフリをしているから。

で、アレ?おかしいなって思った次の瞬間には、悪魔だって分かるんですけど、「あー、またこの夢だ。どうしていつもこの手前で気付けないんだろう…」って毎回思うんですよね。

相手もやっぱり悪魔なだけあって、悪魔だ!って思った時には胸がキュッとして怖くなるので、怖くなる前に気付きたいんですけどね。

そこで目が覚める。

目が覚めて「あー、怖かった。ってか、この悪魔は一体何なんだろう?なんで何回も出てくるんだろう…」とは思うんですが、日常生活を過ごしていたらまた、いつの間にか忘れてしまうんですね。

まだ、そんなに深くは考えていない時期です。

 

そんな感じで数年ぐらいは過ぎて行くんですが、ある時期から悪魔が急接近してくるんですね。

ある時、知人が悪魔だって気付くんですけど(またこの夢。この夢はなんで手前で悪魔に気付けないんだろう?って思ってたら)、悪魔が私の両肩をつかんで、喋ったんですよね。

「お前の魂をもらっていくぞ」って。

そこで、ぎゃー!って叫びながら目が覚めたんですけど、実際に叫んでいたかは分かりません。

何か…、今までと違う。

魂…、魂って何?みたいな。ってか、怖っ!いきなり、怖っ!めちゃくちゃ怖いんだけど、何?みたいな…。

 

そして、このレベルが上がった怖い夢を、頻繁に見るようになるんですよね。

で、夢というのは本当によくできていて、悪魔の方も手を替え品を替えてですね、色んなシチュエーションを用意してくるんですね。

それは学校だったり、病院だったり、旅行だったり…、呆れるくらいの色んなバリエーションがあって、夢の中の私はすっかり信用してしまうんですね。

だから、最後の最後で悪魔だって気付いた時の絶望感といったら、もうね…。

 

しかも、どんどんエスカレートしていくのです。

最後の方にはですね、何回も肉体から魂を引き離されそうになるんですが、これがすごく痛い。

悪魔の指が肌を通り抜けて、心臓を掴んで引き離そうとするんですけど、バリバリバリッってすごい衝撃と音がするんです。すごく痛くて、「お願い、やめてー」っ叫ぶんですけど、なかなか魂を引き離せないみたいで、何回も何回も、バリバリするんですね。痛すぎて目が覚めるんですけど、コレは本当に痛いので、現実でも泣いてるんですよね。

何度も見るし、もしかして(アトピー以外で)どこか悪いのかなって考えたりもしたんですが、健康診断受けたばっかりだし、大丈夫だったし…。

困ったなぁ…、ってか怖いし痛いし、もう嫌なんだけど。魂とるって何?

そもそも魂があんまり…、よく分かんないのに…。

はぁ…、しんどい。

最近、全然眠れないし、疲れもとれないし、困るんだけど。

本当に困った…、そう思いながらもいい解決方法を見つけられずに、最後の日を迎えるわけです。

(私の場合は、アロマは全然効果を感じませんでしたね、カモミールティは気休めにはなったかもしれないけど、効いた!とは言えないかな。)

 

長くなったので、また明日。

明日で完結するはず…。