死ぬのはアトピーが治ってからでもいいんじゃない?

これは実話ではなく、創作です。

子供のアトピー

友人の子供がアトピーで、アトピーについて相談されて困ったことがある。

実はけっこう何人もの人に相談されたことがあるので、乳幼児と子供の湿疹やアトピーに悩んでいる親は多いのかもしれない。

大抵の場合、友人に相談するレベルのアトピーは、まだそこまで深刻じゃない。

だから、親である友人もそこまで深く考ていないように感じます。(相談を受けていた頃には、私のアトピーはまだ治っていませんでした)

 

そもそも、友人知人は私がアトピーだから相談している訳なんですが、私としては治っていないわけで、自分自身も治療方法に迷走しているような状態なので、はっきりとこうしたら良いよ、ということも言えないし、一般的に良いと言われているものが、本当に良いのかは自分にも分からなかったし、その子に合うのかも分からないので、本当に困りました。

言ってあげられるのは、聞かれたことに対して、自分の知っていることや試したことがあるものならば、自分の場合はこうだった、でも…あなたの子供に効くか効かないかは分からない。

これが効くっていう話を効いたこともあるけれど、あなたの子供に効くかどうかは…分からない。

結局、分からないの繰り返しで、ごめん、あまり役に立てなくて…って雰囲気になる。

 

そして私は、今までに自分が聞いた、小さい頃はアトピーだったけど、成長するにしたがって自然に治った人がいること。そういう人は、けっこう多いという話をした。

 

私は、友人の子供が、私のように大人になってもアトピーで悩まされるかもしれない、なんて想像するのも嫌だった。子供のアトピーは一過性のものであってほしい!早く治ってほしい!大人になる前に治るタイプのアトピーであってほしい!って切実に心から思いました。

だってさ、目の前で相談している私が、アトピーで毎日死にたいなんて思ってるなんて、友人はたぶん想像もしてないと思ったので。

こんなに可愛い子供達が、そんな大人になったら嫌だって、思うのは当然でしょ?

 

でもさ、親がアトピーじゃなかったら、その子供のアトピーのつらさは分かんないだろうなって思うんだよね。

子供はそのつらさやしんどさをうまく説明することはできないし…。

夜はずっと、掻きむしってて、泣き疲れたり、掻き疲れて眠る子供を見たら、そりゃ可哀想!と思うだろうし、つらいのもしんどいのも想像はつくだろうけどさ、でもさ、一番しんどいのは子供だからさ、…困るよね。

 

私は子供を欲しいと思ったことが一度もないので、説得力がないかもしれないんだけど、でも、もし自分の子供がアトピーになったら、自分の治った方法の、断食や水分制限を試すと思う。

だけど、それは自分の子供だからできることであって、とても他人の子供に薦めたりはできない。

特に子供の断食は難しく注意が必要!と色々な本に書かれてあるし、親自身に断食の経験がなければ、無理なんじゃないかと思う。(断食の指導のできる病院も少しはありますが、私は行った事がないので紹介することができません)

 

それにさ、親のほうも、子供ってこうやって大きくなっていくんだよね?

なんとかなるよね?って気持ちもあるからさ、毎日死にたいって思ってるアトピーの人みたいな切実さはないのね。

切実さがない人には、どんなアドバイスもたいして意味がないって気もするのね。それにアドバイスが効くのかも自信ないし。

多分、切実に困ってくるのは子供本人で、しかも大きくなってからなんだよね。

でも、大人になるまで長期化しているのなら、色んな複合的要因が重なって、アトピーなのかステロイド皮膚症なのか、脂漏性皮膚炎なのか、疥癬なのか、その他、etc…、もうなにがなんだかわからない!って状態になっている可能性が高いんだよね。

 

なにがなんだかわからない、この奇妙な状態がアトピーの語源の由来だって知ってる親御さんはどれくらいいるのかな。(アトピー=奇妙な、という意味)

 

アトピーの子供を持つの親御さんからの質問で一番多いのはステロイドは使っても大丈夫?」です。

ステロイドを使って、死ぬか死なないかで言えば、私はまだ生きているので、死なないと思う、としか答えられないです。

 

はっきり言いますね。

 

一番いいのはですね、その子供用のステロイドをですね、あなたの健康な腕の内側に塗ってみたらいいんじゃないですか?

毎日欠かさず、あなたの健康な肌で試してみて下さいよ。

まさか、塗った場所はなんともないけれど、塗った場所の周りに、少し湿疹がでてきました…

なんてことはないと思いますよ、きっと。子供用ですし。

 

子供用だから量が少なくて試せる程の量がないですか?

病院で余分にもらってきましょうよ、すぐ無くなるので…、とでも言えば貰えると思いますよ。無理なら別の病院に行って貰ってきたらいいじゃないですか?

それくらいやってみてもいいんじゃないですか?

お子さんのアトピーのことが知りたいんですよね?

 

もしかして…、怖いですか?

 

何が、怖いですか?

 

ご自分の体に塗るのが怖いと感じるようなものを、自分の子供の体には塗ってるんですか?

そうだとしたら、どうしてそんなことをしているんですか?

医者に言われたからですか?

医者が言うことなら何でも信じるんですか?

両腕を切り落とせばアトピーは治りますが、どうされますか?

なんて医者はいいませんよ。また病院に来てほしいので。

 

結局何が言いたいかというとですね、親の方も子育てが初めてだったり、初めて知る病気だったりするのですよね。

だから、親の方も大変だし、毎日の生活にあたふたしてるんですよね。そんな中で、どの事柄にどんなふうに時間を割くかは親の自由だと思います。

そして、結局子供がどのような治療を受けるのかを決めるのは親なので、医者であろうと友人であろうと、他人が色々言って決めることはできないんです。

子供がどのような治療を受けるのかは親が決めるんです。

よく考えてみてくださいね。