死ぬのはアトピーが治ってからでもいいんじゃない?

これは実話ではなく、創作です。

アトピーと運動

アトピーの人で、沢山運動をして汗を流した方がいい、という考え方を持っている人は多いと思う。

実際それで治った人もいるようなので、運動が好きな人にはいい方法だと思う。

体力のある人ならば、運動による効果も得られて、アトピーも治り、と良いこと尽くしです。

しかし、体力のない人ならば、体はアトピーの傷の修復も終わらないうちに、運動による筋肉の疲労に対してもケアを行わねばならず、かえって体のダメージを増やすことにもなりかねないのではないかと思う。

 

断食によって、アトピーが治った私の体験から言わせてもらうなら、アトピーが出ている間は、むしろ過剰な運動はせずにゆっくり休んだ方がいい、です。

食べずに休む。そして、

運動は治ってから、やったほうがいい。

その方が、ラクで楽しいから。

(病気で病院に行くと、大抵の医者は「安静に」とか「ゆっくり休んで」と言いますが、ついでに「栄養もちゃんと取ってね」と言う。この言葉は実は曲者で、医者は本来「安静にしてね、胃腸も安静にね」と言うべきなのに、「栄養を…」という言葉ひとつで、社会に慢性病のリピーターを増やしているのではないかと、私は勝手に思っている…。)

 

実際、アトピーが治ってから体を動かすようになり、アトピーだった頃と治った後では、運動で得られる効果は全然違う。

せっかく運動するなら、より効果を上げたいのが人の常ではないかと思うし、アトピーの人だってそうだと思う。

 

私的に、アトピーだった頃の身体は、その能力の20~50%ぐらいしか使えていなかったように感じます。また、運動によるアトピーへの効果は学生の頃には、それなりに感じたこともあるのですが、年を重ねるごとにあまり実感しなくなっていきました。

なにより、アトピーの時はすごく疲れやすかったですし、汗をかくと傷にしみて痛いですし、とにかく不快でした。学生の時には、それに必死で耐えて、症状がマシになる時もありましたけど、逆に悪化したり、全然良くならなかった時もあります。

 

今の身体は、運動好きな人と比べられたりしたら、それはまだまだですが(特に運動が好きな訳ではないので)、体ってこんな風に動かせるんだなぁ(アトピーの時とは全然違うなぁ)とか、筋肉もこんな風に使えるんだなぁ、と日々新たな発見があって、楽しくて嬉しいです。

 

例えば「即効で効く筋力トレーニング」なるものがあったとして、アトピーの頃の私の場合、1週間まじめに頑張ってやったのに、あまり効果を感じませんでした。

ですが、今なら3日で効果を感じることができますし、1日目から、ここの筋肉をこういう風に使うのか、という感覚が分かるんですね。

これは、アトピーの時に使っていた薬の影響もあるかもしれないので、あまり当てはまる人は少ないのかもしれませんが、私の場合は体中のすべての感覚が麻痺していて、そういった感覚がよく分かっていませんでした。(治るまでは、その麻痺した感覚が普通だと思っていましたし。)

 

アトピーの状態や状況も人それぞれなので、あまり参考にはならないかもしれませんが、アトピーの人で運動が苦手な人や、疲れやすい人は、「胃腸を休ませる」という方法も検討してみてもいいかもしれません。